布団クリーニングの営業案内
特急仕上げのご案内
  クリーニング代の返金精度ご案内
布団クリーニングのお店で、安心の返金保証をしているのは当店だけです!
 
布団クリーニングをご利用されたお客様の声
















 
極上の清潔感が伝わる仕上がりにします!
 
 
品質最高責任者:深澤辰明
彼が《布団丸洗いの達人》と称される卓越した極みの職人技を持っているんですよ。
口ぐせは・・・
 

   
 
店長:松永規久子
私が当サイトを運営しています。
そしてクリーニングの仕上がりに厳しい、当社にとっても一番のクレーマーのお客でもあるんです。
 

  悪質な布団クリーニング業者に、ご注意ください!
 
  訪問販売で、無料またはお試し価格(1枚数百円程度)で布団のクリーニングを勧誘をする業者がいます。
このような業者の場合、クリーニングする布団を見て、「この布団はクリーニングではきれいにならない」と言って、高額な布団を執拗に売りつけるケースがあります。
あるいは、掃除機を持参して、布団の生地に吸い込み口をあてて、さも中綿の汚れを吸い出しているようなクリーニング演出をし、法外な値段で掃除機を売りつける場合もあります。
どうか、このような布団クリーニングを名乗る悪徳業者を絶対に室内に招き入れないでください。

しっかりと布団の汚れを根こそぎ洗い流す布団クリーニングの当店は、このような悪徳業者は絶対に許せませんし、みな様が被害に遭いませんよう、願うばかりです。
 
  布団クリーニングの訪問販売を経験した方々の体験ブログ集は、こちらをクリック  

安心の布団クリーニング店として、下記の団体に加盟しています。
全国ふとんクリーニング協会
全国クリーニング生活衛生同業組合連合会
お布団の入荷から出荷まで、安心の洗浄工程を大公開いたしましょう!!

 お布団のクリーニングって、どんな流れになっているの?
まだまだ一般的には馴染みがないだけに、その詳しい実態はあまり紹介されていないようですね。
ですから当店にお越しくださいましたお客様は、特にその辺は興味津々なハズ!
お任せください。私どもの仕事ぶりをキッチリ紹介いたしましょう。
名付けて『布団クリーニング達人衆の、あんしん工程!』
お客様の大切なお布団の、しっかり洗浄から、ふんわりふわふわ仕上げまでの工程を大公開しちゃいます。
   お客様のお住まいの地域にもよりますが、お布団を発送した2日後(例えば11日に発送の場合は13日です)の夕刻に弊社へ届きます。
無事に到着しましたら、即、梱包袋を開けて1枚ずつ検査するんです。チェック項目は・・・・

   ○ 素材的に大丈夫か
   ○ 穴やホツレが無いか・・・、
      あれば補修してあるかどうか
   ○ おおまかに、シミの付着状況の確認  等々

もしクリーニングに耐えられないようなお布団の場合には、この時点でお客様にお電話にて連絡を差し上げています。
 
   専用の機械で洗う前に1枚ずつ色々な角度から見て入念にチェックして、手作業で部分的なシミや汚れを生地が傷まないように落としていきます。汚れやシミは、ゴシゴシ擦ると逆効果!私どもは特別な酵素パワーで生地から汚れを浮き出たせて除去するんですよ。しっかりと酵素をしみ込ませるために、結構時間がかかるんです。

 それから一般的なシミ抜き剤を使うと、たちどころに穴が開いてしまうほどお布団の生地はデリケート。ですから効力の弱いモノを少しずつ生地に「大丈夫かい?」と語りかけるようにしながら使うんです。
 弊社自慢の『布団丸洗いの達人』の職人技が光る作業です。
 
   ここで、ようやく本格的な機械が登場!

でも・・・、そのまま洗うと中綿がよれてしまうので、お布団をすし巻き状にして、よれをガードします。このすし巻き状に巻く作業も、実は達人の絶妙な技が必要なんです。というのも、キッチリと固〜く巻いてしまうと中綿まで洗剤が染みこみにくいですし、緩いとお布団がヨレてしまいます。適正な力で巻くのですが、素材や汚れ具合、サイズで微妙に力加減があるんです。これが、意外と難しい・・・・・
 シロウトさんにはマネできない『布団クリーニング職人』のしっかりとした熟練技が爆裂する重要な工程です。

 そして使う洗剤ですが、環境ホルモンや発ガン性物質を含まない最高級の中性洗剤だけ!布団丸洗いの達人が厳選して、人肌にも環境にも優しい逸品洗剤なんですよ。これをお湯で洗います。温度が上がることで、汚れ落ちが格段に良くなるんですよ。見る見るうちにキレイになっていくお布団、現場スタッフも快感を感じる時です。
 
   汚れを布団丸洗い職人の卓越した技と専用高級洗剤で浮き出たせても、しっかりと『すすぎ』をしなければ何の意味もありません。ですから、脱水と濯ぎを最低でも2回繰り返します。汚れはもちろん洗剤成分もしっかりと洗い流して、中綿に残らないようにしつこく繰り返します。
 そして、ここで大量に使う水は静岡が誇る『南アルプス山系の天然水!』。飲料水としても評判のこの水を贅沢に大量に使います。チョットもったいない気もしちゃいますが、余計なカルキ成分が無いから色落ちも防げますし、何よりお客様の大切なお布団です。最高のモノにこだわりたいと思っています。
 
   中綿にしみ込んだ汗汚れとダニをきれいサッパリ洗い流しても、湿気が残っていてはプロの仕事ではありません。
ここで完全に乾かすために、お布団の乾燥だけのために開発された専用の大型熱風乾燥機を使用して、中綿の種類により微妙な熱風調節をすることで素材にダメージを与えることなく、完全に乾ききるまで行います。

 実は、この乾燥処理は迅速に完了しなければなりません。というのは、濡れたお布団はバイ菌にとって最適な環境。ぐずぐずしていると、たちまち雑菌が繁殖してしまいます。洗って汚れを落としても、バイ菌だらけのお布団では意味がありません。ですから、いかに短時間で乾かすかが『カギ』なんです。私どもの乾燥マシンは、お布団専用のもので、上部から熱風を吹きかけるとともに下側からは強力な吸引装置が働いて強制的に水分を吸い取るんですね。だから、短時間で乾かすことが出来ます。

 腰を据えてじっくり入念に時間を掛けるべきところと、パッパッパァーと手早くやるべき工程がお布団クリーニングにはあるんですよ。
 
   ただ乾燥させるだけでは、普通の布団クリーニングです。
私たちは考えました・・・・、「もっとお客様に喜ばれるようにするには!!」

色々と考えて、弊社では単に洗うだけでなく、できるだけ購入時の『新品お布団』の状態に近づけるため、自動復元装置に入れて風合いを復元させます。この工程があるからこそお客様のもとに「ふっくらふわふわ」のお布団をお届けできるんですよ。
 お布団は素材によって、より高温の熱風をあてたり、反対に冷風をあてたり、ほんのチョッピリの湿気を与えることでモコモコとふっくらするんですよ。サイズや生地によっても温度や時間が微妙に違ってきます。お客様のお布団に合わせて、最適な復元となるように微調整して仕上げます。
 
【復元結果について、ご了承ください】
 弊社では、少しでもお客様が新しく購入した時の”ふっくら感”が出るように努めさせていただいてます。
「キレイになったばかりか、思っていたよりもフカフカになった♪」と、お客様から高い評価をいただけると、私達も嬉しくなって仕事の励みにもなりますからね!

 ですが使用頻度や保管状況、素材などから残念な事に、あまり変化が生じない場合がございます。
素材別で申し上げますと、一番ふっくらと仕上がるものは”綿布団”です。次いで”羽毛布団”となりますが、”羊毛布団”は現在のところ、あまり復元が期待できない状況です。
どうか、この点につきましてご了承をいただければと思います。
 ですが見違えるほどのふっくら感はご提供できなくとも、中綿のすみずみまで徹底的に洗って清潔な状態にすること、固くお約束いたします。

 これからも研究を重ねて、どんな素材でも全てのお客様からご満足いただけるような復元技術を習得できるように努力してまいります。

 
   洗い上がり具合を入念にチェックした後、ふんわりふわふわに仕上がったお布団をほこりが入らないように注意しながら完全密封させます。
 こうすることで、万一お届け配送時に水かぶり等の事故(絶対にあってはならないことですけど・・・・)があっても、何とか大切なお布団自体は難を免れます。
 
   キレイになったお布団を間違ってお届けしては大変!ですから、お客様のお名前とナンバー等を何度も確認して、再び配送専用袋に梱包して、お客様に喜んでいただけることを願いつつ、出荷いたします。
 いかがでしたか?
ご紹介しましたとおり、しっかり・丁寧・迅速・清潔にお布団を仕上げています。弊社の作業スタッフは、全て厳しい研修を終了した布団丸洗いの達人だけです。プロの名に恥じない技術の習得にはもちろんのこと、儲けを度外視したお客様に喜んでいただきたいという職人気質に満ちています。
 熟練した最高技術の達人技と、それをサポートする専用マシン、選び抜かれた洗剤と贅沢な天然水、これが融合したのが弊社の布団クリーニングです。
 では、いったいどのくらいお布団が生まれ変わったかというと・・・・・・・

《クリーニング前》
 
《クリーニング後》
5年間、まったく一度も洗っていないセンベイ布団が・・・・・・   こぉ〜んなに、ふっくらふわふわに仕上がります。
厚みと、生地の色合いがまるで違います
   
 
 
   
 
見えない中綿の隅々までキッチリと洗い上げる
安心の布団クリーニング会社


このサイトの運営は・・・・

 株式会社ホワイトウィングス
         リフレサービス事業部
   代表取締役 中村真治
   ショップ運営責任者 松永規久子
     webmaster@futonmaruarai.com

〒420-0913
   静岡県静岡市瀬名川3丁目7番8号
    TEL:054−208−3026
    FAX:054−208−3023
他にも、こちらで元気いっぱいに営業中です!
(おしっこ布団
  レスキュー隊)
http://www.futonmaruarai.net/
(美洗館支店) http://www.bisenkan.com/futonmaruarai/